デグーと暮らすライフスタイル

デグーと暮らしている飼い主のブログです。デグーの飼育、デグーの魅力など、デグーに関することを載せていきます。

デグーと暮らすライフスタイル
menu
search
最新記事

デグーが部屋んぽ(お散歩)するときの注意点をまとめました

この記事をシェアする

デグーお散歩

デグーのストレス解消のために部屋んぽ(お散歩)をされる方は多いと思います。
※以後、部屋んぽと記載します
今回はデグーを室内で遊ばせる時の注意事項をまとめてみました。

ただ、部屋んぽには危険が付いて回るので、その危険を排除できない場合は無理に部屋んぽをさせる必要はありません。
(本ブログのライターhanatorapoohさんの家では部屋んぽをさせていません)

我が家では、基本、部屋んぽをさせていません。 リビングにはウサギケージの他に水槽(メダカ、金魚)、配線などがあって危険なので その代わりに、こたつの上で散歩させたり、蛇腹トンネルを使って遊ばせたり、ケージ外に設置した梅酒ビンの砂風呂で遊ばせたりしています。
出典 http://www.degu-lifestyle.com/

hanatorapoohさんのように、ストレス解消は部屋んぽ以外でもできるので、安全第一を考えた上で部屋んぽをさせてください。
※今回の内容は、デグーを放し飼いしている方にも参考になる内容となっています
(執筆者:TORU)

デグーの部屋んぽで最も注意すべきベスト3

デグー飼い主様に部屋んぽで注意していることを聞いてみた結果、最も多かった注意点は以下の3点となりました。

3飼い主はなるべく動かない
「踏みつけなどの不慮の事故を起こさないために、飼い主はなるべく動かない」
動く必要があるときは、デグーの居場所を常に確認し、かかとが浮かないように、すり足で動くことをおすすめします。

しゃがむ時も注意してゆっくり座ってください。
※膝の裏やかかとの下にデグーが来ることもあります ぽにょさんがおっしゃるように、「いつの間にここに?」という事もあるので、すり足&ゆっくり歩くことをおすすめします。
※足首やつま先で潰す可能性もあるので立膝でもNGです。
2食べこぼしを片付ける
人が食べた物の食べこぼしに注意してください。
特にチョコレートなど、甘い物などは細心の注意を払う必要があります。
※それが理由で健康を損ない、病気になってしまう可能性があります
お散歩中は、
・人間の食べ物を置かない
・飲み物を置かない
・デグーの部屋では、散歩させてない時でも食べ物を食べない
このようにしておくと安心です。
1電源コード、ケーブル類をガードする
電源コードやケーブル類は、完全にガードするか近寄れないようにしてください。
感電や漏電による火災を防ぐために必要なことです。

ガードする場合は、コードチューブや配線カバーを巻くようにしてください。
ただ、こういうった対策をしても、それ自体を噛んでしまうこともあるので、定期的に確認してください。

コード自体に興味ない子もいますが、念のために対策しておくことをおすすめします。
我が家の初代デグーは、最初まったく興味を持たなかったのですが、ある日突然噛みはじめたことがあります。

デグーから電源コード、ケーブル類をガードガード!

その他、デグーを室内で遊ばせる時の注意事項

デグーの危険回避や家を傷付けないために、以下の点もご注意ください。

観葉植物がある方は移動してください

もしテグーが食べてしまった場合、中毒を起こす場合があります。

壁紙や柱を齧るのが好きな子もいるので、対策が必要です。

プラダン

壁紙や柱をガードするために、ダンボール、プラダン(プラスチックダンボール)、養生ボードなどがおすすめです。

柱の端を齧るのが好きな子もいるので、 赤ちゃんのぶつかり防止など、柱をカバーできるものを貼ったほうが良いかもしれません。
我が家では以下写真のような透明カバーを貼っています。

デグー柱カバー

ゴミ箱内を漁る子もいます

ゴミ箱が気になってしまう子もします。うちの子もゴミ箱にダイブしたことがあります。
蓋付きの物にするか、一時的に他の場所に置くことをおすすめします。

部屋んぽの前に軽く掃除をしておいたほうが安全です

デグーが誤って口にしそうな物はすべて片づけておきましょう。
口に含んではいけないものが落ちてることもあります。

なるべくキレイな環境にしてから部屋んぽをさせてあげてください。
たおさんのように専用マットを敷き、サークルでお散歩スペースを作るのも安全策の1つです。

専用マットとサークル

部屋んぽについてはこんな意見も...

その他、部屋んぽのときに、このようにされている方々もいました。

室内はデグーにとって危険がいっぱいです。
各家庭によって対策すべき点は変わってきますが、多くの場合は知恵と工夫で危険を回避できるはずです。

デグーを危険な目に合わせないためにも、はやてんさんのように、飼い主も部屋んぽに集中し、しっかりと安全を確保してから部屋んぽライフを楽しんでください。

編集後記
本記事はtwitterやinstagramでたくさんの方からご意見ををまとめたものになります。
ご意見をいただいたデグー飼い主様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。