デグーと暮らすライフスタイル

デグーと暮らしている飼い主のブログです。デグーの飼育、デグーの魅力など、デグーに関することを載せていきます。

デグーと暮らすライフスタイル
menu
search
最新記事

お薬をもらったけれど、どうしたらいい?デグーの上手な投薬法

この記事をシェアする

f:id:torus1:20170218125340j:plain

無事に動物病院から帰宅。
「ああ、疲れた~」と思うのも束の間、「そうだ、お薬あげなきゃ」
動物病院で説明を受けてはきたけれど、実際やってみると、デグーの投薬って意外と大変です。

今回は、デグーの薬の飲ませ方、お薬の種類に合わせた投薬のポイントを写真付きで紹介します。
(執筆者:animal care information)

そのまま派?混ぜる派?

お薬をフードやオヤツ、水に混ぜてあげる方法がありますが、私はあまりおすすめしません。

理由は2つあります。

1食べ残し、飲み残しがあったり、同居の子がつまみ食いしたりすると、実際に飲んだお薬の量がわからなくなる
せっかく投薬するなら、「効果」を期待したいです。
ただ、残念ながら、正確な量のお薬を飲まないと、十分な効果が得られません。

また、光が当たる環境で水分と一緒に放置することで、お薬の成分が変性してしまう心配もあります。
2お薬を加えることで水やフードの味が変わってしまい、警戒するようになる
デグーは嗅覚が発達しています。
「ん?なんだかいつもと違う!?」と、気づかれてしまうかもしれません。

体調不良だからお薬をもらったのに、警戒されてご飯を食べなくなったり、飲水量が減ったとしたら、本末転倒です。

また、投薬が終了しても、これまでのフードを食べてくれなくなるおそれがあります。
せっかく病気が治ったのに、今度はフード難民・・・これではデグーも飼い主さんもストレスがたまるばかり。

最初はペレットに染み込ませたりせずに直接投薬してみてください。
ただし、デグーの症状によってはフードと混ぜて投薬せざるを得ない場合もあります。

ほとんど食欲がなくて水を飲むのもスポイトから、というような時は、シロップで甘くしたお薬やハチミツなどの香りがついたお薬を高栄養食に混ぜて強制給餌します。

それでは、飲ませ方のポイントをお薬の種類ごとにみていきましょう。

1.水ぐすり(シロップ剤など)

デグーに処方されるお薬は、このタイプが一番多いです。
プラスチック製容器に入っているものをシリンジで吸って投薬する場合と、点眼瓶のようなものに入ったお薬を、指示にしたがって数滴投薬する場合があります。

f:id:torus1:20170218120606j:plain

お薬をシリンジに吸う時、空気が入ってしまうことがあります。
シリンジを縦(上向き)に持ち、投薬の前にシリンジを爪でトントンとはじいて空気を抜いておくと飲ませやすいです。

f:id:torus1:20170218120607j:plain f:id:torus1:20170218120608j:plain

それでは実際に飲ませてみましょう

デグーの身体が動かないように爪がひっかかりにくい素材のタオルなどでデグーの首から下を軽く包んでしまうことをおすすめします。
そのほうが初心者でも投薬がスムーズにおこなえます。
※飼い主の怪我防止にも

f:id:torus1:20170218120609j:plain

まず、中指~小指でデグーを支え、親指と人差し指で横からデグーの口を開きます。
次に切歯(前歯)と臼歯(奥歯)の間に隙間があるので、そこからお薬を素早く飲ませます。

f:id:torus1:20170218120610j:plain

このとき、とろみがあるシロップ剤ではなく、さらさらした水状のお薬の場合はあまり勢いよく喉に向けて投薬してしまうと気管に入ってしまうことがあります。
※誤嚥[ごえん]といいます

健康なデグーであれば、少量の誤嚥は問題ありません。
しかし、病気や高齢のため体力が低下しているデグーでは、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)という、呼吸器病の原因になることがあるので注意が必要です。

水ぐすりは甘いシロップ剤や注射用のブドウ糖で調製してあることが多く、「デグーに糖分って大丈夫なの?」という声も聞きます。

結論として3日~14日間くらいの投薬でしたら、シロップやブドウ糖も問題ありません。

慢性疾患などで、投薬期間が長いか、または期間をあけて繰り返しお薬が処方される場合は、歯の健康のことも考えてシロップを控えた処方にできないか、かかりつけの獣医師に相談してみることをおすすめします。

私は、お薬とシロップ剤を別々の容器にもらっています。
まずはお薬だけで挑戦して、どうしてもデグーが飲んでくれない時だけ、シロップをその場で混ぜます。
(この時のシロップはケチってはいけません。せっかくお薬の苦味を消すために添加するのですから、十分な甘みが付くようにします)

もちろん、動物病院で調剤する時の都合もありますので、どこの動物病院でもこういったお願いができるわけではありません。

2.粉ぐすり

デグーに必要な粉ぐすりの量はごくごくわずかです。

そのため、整腸剤などを混ぜてかさ増ししてあることがほとんどです。
整腸剤にはわずかな甘みがあるため、苦味のある抗生剤などを飲ませる時にも整腸剤が混ざっていると便利です。

粉ぐすりを何かに混ぜず、そのまま飲ませるのはとても難しいです。

そこで、あると便利なのが1mlシリンジ(注射器)です。
粉ぐすりが処方されたら、動物病院でお願いして1mlシリンジを付けてもらいましょう。
※有料の場合もあります

1mlシリンジは強制給餌にも大活躍するので、家庭に常備するいい機会です。
ただし、プラスチック製シリンジは本来使い捨ての製品です。

繰り返し使っていると、ゴムの部分が劣化して滑りが悪くなったり、筒の内側に塗ってあるコーティングがはがれて、シリンジの材質にお薬が吸着されやすくなります。

デグーに投薬する時は、シリンジの状態もチェックしましょう。

f:id:torus1:20170218120611j:plain

上記の写真のように粉ぐすりを袋の角に寄せます。

少しあそびの部分を持たせて、くすりの部分だけを残して円を描くように袋を切ります。

シリンジに水または病院で処方された液剤(シロップ剤など)を吸います。

袋の中で吸ったり出したりを繰り返して、粉ぐすりと液剤をよく混ぜます。

お薬を吸ったら、シリンジを上に向け、爪で数回はじいて空気を抜いたら準備完了です!

デグーの薬の飲ませ方

水分を多めにした時:
水ぐすりと同じ要領で飲ませます。
粉と液が分離してしまうと飲ませにくいので、お薬をシリンジに吸ったら、すぐにデグーを保定して飲ませましょう。

量が多い時は、一気に押し込まず、点眼瓶のように数滴ずつ口に入れるようにしましょう。
喉の奥をめがけず、シリンジの先を頬の内側や舌の裏側に向けるといいでしょう。

ペースト状にした時:
ペースト状のお薬も、シリンジで吸って水ぐすりと同様に投薬できます。

しかし、お薬の一部がシリンジに残ってしまうため、最後に1回、シリンジ内を少量の水で洗うようにして、残った液を飲ませる作業が必要になります。

その他:
ペースト状のお薬を指先につけてそのまま舐めとらせる方法もあります。
また、へら状のもので歯や頬の内側に直接塗りつけて投薬することもできます。

ただし、へらのような道具を使うと、デグーがかじって折れてしまうといった事故につながるデメリットもあります。

3.錠剤(サプリメントなど)

デグーの場合、錠剤をそのまま処方されるケースはまれでしょう。
しかし、健康補助食品(サプリメント)が処方されることはあるかもしれません。

サプリメントは嗜好性を高めた製品がほとんどですので、オヤツとしてそのままあげることができます。
ただ、残念ながら我が家のデグーはどの子も食べてくれませんでした。

そこで、ピルクラッシャーという道具(下の写真)を使って粉末状にし、粉ぐすりの要領で飲んでもらいました。

f:id:torus1:20170218120612j:plain

サプリメントは、通常のお薬ほど分量に厳密でなくてもいいため、強制給餌のペーストに混ぜたり、少量のオヤツに振りかけたり、いろいろ工夫してみてください。

ただし、過ぎたるは及ばざるがごとし!

身体にいいからと言って、サプリメントのあげ過ぎは禁物です。
適量を長期間続けることで、効果が得られるのがサプリメントの特徴です。

4.外用薬(塗り薬、点眼薬、点耳薬など)

塗り薬:
適量を患部に塗布します。
気にして舐めるようなら、気をそらせるために、食前に塗ってください。
ごはんに集中している間に、お薬が浸透していきます。

あまりベタベタに塗ってしまうと、患部にゴミやホコリが付着して不衛生になるので、砂浴びを控えるなど、工夫が必要です。

点眼薬:
<まずは準備>
点眼瓶の先が、目や皮膚に直接触れると雑菌が繁殖する原因になります。

また、キャップをせずに床に放置しておくと、砂浴びの砂やデグーの被毛などが付着してしまうことがあります。
デグーを保定する前に一度キャップゆるめておくと、片手で操作できるので、便利です。

<点眼してみよう>
真上(目に対して直角)から点眼すると怖がります。
後ろ(後頭部側)から斜めにアプローチして1滴ぽとり。

あふれた時は、目を傷つけないよう気をつけながら、ティッシュやコットンでやさしく拭き取ってあげましょう。

続いて他の薬を点眼する場合は、1~2分間隔をあけると、前のお薬を次のお薬で洗い流してしまう心配がなくなります。

点耳薬:
<まずは準備>
冬の寒い時期は特に、使用する前に必ず人肌にもどしてください。
冷たい薬液が耳に入ると、デグーが強いストレスを感じます。

<点耳してみよう>
点眼薬と同様に、容器の尖端が耳などに直接触れてしまわないよう、気をつけて点耳します。
通常は、薬液ができるだけ奥の方に届くよう、垂直に滴下します。

耳の奥に傷がある場合は、お薬がしみて嫌がることがあります。
そのような時は、お薬が患部に直接当たらないよう、少し斜めに(薬液が耳の壁づたいに少しずつ垂れていくようなイメージ)で点耳するといいでしょう。

点耳が終わったら、デグーを保定したままで耳の付け根をそっと数回マッサージすると、浸透しやすくなります。
嫌がるようでしたら無理におこなう必要はありません。

デグーが何度も頭を振って、お薬と耳垢が出てきてしまう場合もありますが、大丈夫です。
汚れが付いた部分をティッシュやコットンで拭き取ってあげましょう。

f:id:torus1:20170218120613j:plain

あとは実践あるのみ。いやなこと(投薬)は短時間で終わらせるのが一番です。
さっと保定してさっと投薬、が長続きの秘訣です。

投薬が終わったら、たくさん褒めてあげてください。
でも、いきなりハードな遊びは控えましょう。
せっかく飲んだお薬が食道を逆流してきたり、お薬が浸透する前に目や耳の外に出てしまったり、思わぬトラブルにつながります。

もちろん、普段からシリンジや投薬瓶を見せ、顔の近くに持っていっても抵抗しないよう慣れさせておくのもひとつの方法です。

ただ、我が家のデグーは、シリンジや点眼瓶を宝物のようにどこかに持って行ってしまいます(笑)あまり慣れすぎるのも、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

『普段から練習しておくとよい』という意見もありますが、私はお薬=楽しい物である必要はないと思います。

むしろ、投薬が終わった後にたくさん褒めてあげることで、
「大変だけど頑張った」という達成感、「大変だけど、これを飲むと体調が良くなる」という実感をデグーに感じてもらうことが、次の投薬成功につながると考えています。
飼い主さんとの信頼関係も深まるでしょう。

この記事から、上手にお薬と付き合うヒントを1つでも発見していただければ幸いです。