デグーと暮らすライフスタイル

デグーと暮らしている飼い主のブログです。デグーの飼育、デグーの魅力を中心として、小動物やエキゾチックアニマルの生態、動物愛護やペットの飼育について紹介していきます。

デグー飼育方法や魅力を発信するブログです。
menu
search
最新記事

飼育は簡単ではない!小動物たちと暮らすときの注意点は?

この記事をシェアする

小動物を飼育する際の注意点

デグーやハムスター、ハリネズミやモルモットなどの小さなペットたちは、かわいいことはもちろん、「大きな声で鳴かない」、「毎日に散歩に出かけなくてよい」とさまざまな理由で人気があります。

しかし、小さいから飼育が楽であるということはありません。今回は、小さなペットたちと暮らすときの注意点や「飼育が簡単ではない」ということをお伝えします。

 

小さくても飼育は大変!小動物を飼育する前に知ってほしいこと

小動物の飼育

体の小さいペットだから「餌代もかからないし、散歩もいかなくていいから簡単!」と思って飼い始めると、こまめな掃除が必要だったり、室温の調節が大変だったりと「こんなはずじゃなかった」となる可能性もあります。そんなことにならないよう、今回は小動物を飼育する大変さに触れていきたいと思います。

小動物を飼い始める前に知っておきたいこと

「SNSで知って欲しくなったから」、「ペットショップで見掛けて欲しくなったから」とすぐ飼い始めるのは危険です。「自分の生活がペットを飼うのに適しているか」よく考えてみましょう。

動物の飼育に適さないライフスタイル

  • 動物アレルギーがある
  • 1人暮らしで出張が多い
  • 家族に動物が苦手な人がいる
  • 引っ越す予定がある
  • お金に余裕がない方

上のような状況で飼育するのは、飼い主・動物の両方にとって幸せではありません。
また、すでに犬や猫など他のペットを飼っている場合は、「相性や生活スペースをどうするか」も考慮する必要があります。自分のライフスタイルで一緒に暮らせるか、しっかり確認してから飼うようにしましょう。

小動物であろうとお金は掛かります

 

小さい動物だから餌もそんなに食べないだろうし、お金もかからないのでは?と思いがちです。しかし、エサ代だけでなく「ケージに敷く床材・止まり木・エサ入れ」なども必要です。これらの多くは消耗品なので、定期的に買う必要があります。

デグーを2匹飼っている私の例で、年間のチモシー(牧草)代を紹介します。我が家は「チモシーゴールドヘイ680g×3個セット」、「バミューダヘイ3kg(500g×6パック) 」を楽天でまとめ買いしています。
※少しでも安くするためのまとめ買いです

商品名 商品代 年間購入代
チモシーゴールドヘイ680g×3個セット 4,468円 4,468円×6回=26,808円
バミューダヘイ3kg(500g×6パック) 2,690円 2,690円×3回=8,070円

このように、チモシー(牧草)代だけで年間34,878円、月々にすると約2,900円の費用ということになります。これはチモシー(牧草)代だけの費用です。前述したとおり床材や砂も必要になるので、最低でも月2,900円以上になります。

デグーの月々に掛かる飼育費用(食費・砂・遊び道具)についてアンケート(以下の図:Twitter)を取ったところ、67%の方が1001~4999円という回答をいただきました。半数以上の方がこの回答だったので、デグーを飼育される方はこの金額を参考にしていただければと思います。(参考:デグーと暮らすデメリットはある?これからデグーをお迎えする人に知ってほしい6つのこと

動物飼育で忘れがちな電気代

小さなペットたちのほとんどが、「日本の湿度が高い夏の暑さ・冬の寒さ」が苦手です。エアコンはつけっぱなしになることも多くなり、当然電気代が掛かります。

デグー飼育時における月々の電気代

黒字(上図)となっている箇所をご覧ください。気温が低くなる秋頃から電気代が上がるのがわかります。このように、冬の電気代が20,000円を超える可能性があることも「飼育代」として考えておくべきです。

はじめて小動物と一緒に暮らす方へ

 

飼育をする上で大変なことを伝えてきましたが、小さなペットはたくさんの癒やしをくれます。そんな小動物たちと飼い主が幸せになれるよう、ここからは「はじめて小動物を飼育する方」に向けた内容を紹介します。

飼育に必要なものを準備する

ペットたちが安心して過ごせる生活スペースとして、小動物の生態に合ったケージを購入しましょう。高さが必要な動物は、デグー・チンチラ・モモンガ・リスなどです。

ハムスター・モルモット・ハリネズミは高さのあるケージを必要としていませんが、ほどほどの床面積があるほうが運動もでき、快適に過ごすことができるでしょう。回し車が必要な小動物には、その分のスペースも必要です。

餌入れや水入れのほか、牧草を食べる動物には牧草入れ、「のぼり木・ステージ・回し車・巣箱」なども必要になる場合があります。固いものを齧るのが好きなデグー・モルモットのためには、かじり木を用意してあげることもあります。
(参考:デグーをお迎えする前に知っておきたい!デグー飼育のために用意すべき物

小さなペットたちに安全な部屋作り

f:id:torus1:20181113201858j:plain

デグー・モルモット・チンチラは時にはケージから出して、部屋の中を自由に歩かせることも可能です。しかし、人間が暮らす部屋は、ペットにとって危険がいっぱいです。窓はしっかり閉め、外に出ないようにすることはもちろん、家具と家具の間に入り込むすき間も埋めておきましょう。家具の裏などに入り込んでしまっては大変です。

かじる習性のある動物が多いので、電気コードはカバーでガードすることをオススメします。観葉植物や人間用の食べ物も齧ると危険なものが多いのです。必ず片づけておきましょう。

ペットが床を歩くときに滑って足を痛めないように、フローリングにはマットを敷いておくと安心です。毛足の長いじゅうたんを敷くと、ペットの足の爪が引っかかりケガをすることがあります。毛足のないマットがオススメです。

お部屋を散歩している時は、誤って踏んでしまわないよう注意深く動き、できれば動かないようにしましょう。特にカーペットやクッションなどの下に入り込んだときが危険です。(参考:デグーが部屋んぽ(お散歩)するときの注意点をまとめました

小まめなお手入れで清潔に!

 

ペットたちが健康的に過ごせるよう、清潔を保つことが大切です。「水入れや給水ボトル・エサ入れ」は毎日洗い、新しいものを入れます。床材の汚れも取り除いて交換しましょう。

汚れ具合によっては、床材ごと新しいものに取り換える必要もあります。自分が疲れているから、忙しいから今日はやらないというわけにはいきません。不潔にしているとダニやコバエがわいてしまうこともあり、ペットが病気になることもあります。

動物病院を決めておく

動物病院は、あらかじめ決めておきましょう。犬や猫を診てくれる動物病院はすぐ見つかりますが、デグーなどの小動物はエキゾチックに分類されるため、診てくれる動物病院が少ないです。

なるべく通いやすい動物病院に問い合わせて、診てもらえるかどうか確認しておきましょう。休診日のこともあるので、動物病院を2件見つけておくと安心です。

定期的な健康診断に出かけて、「普段の元気な様子も見ておいてもらうこと」、「血液検査値などデータを取っておくこと」は健康管理に大切なことです。
(参考:デグーの動物病院選び5つのポイント!かかりつけは2軒あると安心

飼育が簡単な動物はいません!

当然のことですが、動物を飼い始めた以上、最期まで必ず面倒を見てあげてください。「もっとなつくと思ったのになつかなかった」、「想像以上に手間がかかった」「飼うのに飽きてしまった」などの理由で、途中で飼育を放棄することは絶対にやめましょう。

飼い主さんには、ペットが寿命を迎えるその日まで、少しでも動物たちが快適に過ごせるように工夫してほしいと思います。「小さいから飼いやすい」と思われがちなペットも、飼い始めると意外と手間が掛かることがわかります。

しかし、手間をかけた以上にたくさんの癒やしをくれて、飼い主さんにとってかけがえのない存在となります。言葉を話さなくても家族の一員であり、友人となってそばで癒してくれます。どんなに小さくても命のある生き物たち。最期まで大切に飼い続けてください。